映画とDVDとPCと: SCE、PS3のシステムソフト「Ver 1.30」を公開
2006年12月07日

SCE、PS3のシステムソフト「Ver 1.30」を公開

任天堂のWii(ウィー)も発売され、最近話題のゲーム業界ですが、PS3がシステムソフトウェアのバージョンアップを行うようです。
PS3は持っていないので、もともとの設定がどうなのかよく知りませんが、Bluetoothのリモコン登録や、映像フォーマットを、 RGBとY Pb/Cb Pr/Crの2つのモードから選択できるようになったりするらしいです。

ゲームはあまりしないので、ゲーム機としてのPS3にはあまり興味がありませんが、 ブルーレイディスクプレイヤーとしてのPS3にはとても興味があります。約6万円という値段はゲーム機としてはかなり高めの値段設定ですが、 BDプレイヤーとして見れば、10万円ほどの相場が予想される一般再生専用プレイヤーに比べ、かなり思い切った値段だと思います。SCEは、 ある程度PS3が流通しコストが下がるまでは、1台につき相当すごい赤字を出しているみたいです。

画質なんかは、もちろん専用機には劣ると思いますが、Blu-rayの規格自体が高いレベルにあるので、 そこまで大きな差にはならないんじゃないかと、素人には感じられます。

PS3のニュースを聞いていると、PS2が発売された数年前を思い出します。
ちょうどDVDが出てきた頃で、PS2のDVD再生機能と相まって爆発的にDVDビデオが世間に認知されました。 レンタルビデオ屋さんもVHSからDVDへの保有量の逆転が起こったのも、PS2の成功が大きく影響したのではないでしょうか。

映画業界もHD-DVDとBlu-rayの競争が未だ続いていますので、今はPS3に飛びつかずに、もう少し様子を見たいと思います。


My Yahoo!に追加

    人気blogランキングへ

posted by Kz at 03:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | A&V新機種情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29098144

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。