映画とDVDとPCと: 『CASSHERN』見ました。
2004年11月22日

『CASSHERN』見ました。


icon
icon

いろんな意味ですごい映画でした。
映像、世界観、テーマ全てが、紀里谷和明ワールドといった感じでした。アニメのキャシャーンとは少し赴きが違い、大人が見るべき作品だと思います。映像はアニメの表現がうまく再現されていて、CASSHERNの世界に入り込める不思議な感覚の映像でした。
それにしても、この映画が訴えるテーマは重い・・・というか難しかった。主人公はキャシャーンだけではないんですね。対立するブライ率いる新造人間軍団からの目線でもストーリーが書かれていて、反乱を起こす気持ちが理解できるんです。最終的に全てが明らかになったとき、何か空しい感じになってしまいました。結局誰が悪いの?って感じで、見終わったとすっきりしないモヤモヤしたものが残りました。これは映画のできのことではなく、そういうメッセージが込められた作品だからこそだと思います。
まだ見てない方は、是非一度見て下さい。色々なメッセージが投げかけられた作品だと思います。それにしても、それをキャシャーンで再現したこの監督はすごい人なのかもしれません。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/1095222

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。