映画とDVDとPCと: YAMAHAからワンボディでリアル5.1サラウンドを実現するサラウンド・サウンド・システムが登場。
2004年11月17日

YAMAHAからワンボディでリアル5.1サラウンドを実現するサラウンド・サウンド・システムが登場。

YAMAHAよりワンボディで本格的なリアル5.1サラウンドを楽しむことができる、「ヤマハ・デジタル・サウンド・プロジェクター『YSP-1』」という新機種が発表されました。
最近、こういうワンボディで5.1サラウンドが実現できるものも、すごく気になります。NIROなんかも実際の話、資金に余裕があれば他の部屋用に欲しいと思っています。7.1チャンネル分スピーカーを揃えて、それに囲まれた部屋っていうのも、ちょっとこだわっています的な雰囲気が出ていいのですが、部屋前方にさりげなく置かれた1つのスピーカーから自分の後ろまで回りこむようなサラウンド・サウンドがさらっと再生されたら、それはそれでスマートでかっこいいと思います。
ただ、このシステムの説明文を読んでいると、「小型スピーカー40個、ウーファー2個をワンボディに一体化」とあるんですが、本当にこんなにたくさんスピーカーが付いているのでしょうか?ちょっとやりすぎでは、と思いつつ、一度音を聞いてみたいと衝動にかられてしまいました。
posted by Kz at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | A&V新機種情報
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。