映画とDVDとPCと
2004年11月27日

現在のサウンドカード。

まずは、サウンドカードの紹介です。現在、玄人志向のENVY24HTS-PCIを使っています。HTPCに適したカードとなると、M-AUDIOのDELTA DiO 2496やRMEの96/8PSTなんかがよく紹介されていますが、(このクラスになるとオーディオカードと呼ぶべきでしょうか)とりあえず3万も4万もするような代物はもちろん買えませんし、我がホームシアターのテーマは、いかにコストを抑えてそれなりのシステムを構築するかということなので、一般的なカードの中から探しました。
まず、アナログでの接続は全く考えていないので、『光出力端子が付いていて安いもの』という条件で絞ると、C-Media CMI8738搭載カード、VIA Envy24HT-S搭載カード、Creative SB Audigy、ONKYO SE-80PCI、この辺りが私のレベルで使えそうなものとして出てきました。価格で考えると、CMI8738系のカードがいいのですが、ネットの書込み等を読んでいると、VIA Envy24HT-Sの相性や安定性に問題があるが、潜在能力の高そうな所に惹かれ、これで行くことにしました。(しかも玄人志向製、かなり冒険しました)4,000円位で買えましたのでまずまずだと思います。これをASIO出力でアンプAVC-3890-Nに入力しています。音質は、これまた比べるものが無いのでなんともいえませんが、ノイズらしきものは聞こえませんし、クリアではっきりした音が再生されていると思います。ただ今ならAudiotrak PRODIGY 192 VEが安くで発売されていますので、変に手を加えるより、そっちの方がよほど確実でいいと思います。とは言っても玄人志向のENVY24HTS-PCIは良い買い物だったと思います。
 
posted by Kz at 00:39 | Comment(2) | TrackBack(0) | HTPC
2004年11月25日

光沢年賀はがき買いました。

今年ももうこんな季節がやってきました。
今年は子供の誕生というニュースがあったので、年賀状はやっぱり写真付かなぁ、と丁度考えていたころ、今年から光沢年賀はがきが出るとの記事を読みました。でもよく読んでみると、関東限定ということです。「やっぱり新しいことは関東からかぁ・・・来年ぐらいには全国取り扱いにでもなるかな?」とあきらめていたのですが、どこかのページでエプソンが全国発送をしていることを知り、早速購入しました。値段は50枚3,255円です。代引きもできて、手数料は無料でした。手元に届いたはがきを見てみましたが、ちゃんと光沢紙してました。まだ印刷はしていないのですが、きれいに印刷できそうです。ただ、価格が65円/枚(切手代50円含む)ですので用紙の品質はそれなりだと思われます。それと染料インク専用となるので、顔料インクのプリンターを使っておられる方は要注意です。自分のプリンターが使えるのかどうかは各メーカーのHPにコーナーができているのでご確認を。ちなみにエプソンとキャノンは確認できました。
また例年のごとく、年末ギリギリになってようやく製作にかかるような気がしますが、12月なんてあっというまなんで、早めに済ませてしまいましょう!
エプソンOAサプライへのリンクを張っておきますので、気になる方はこちらからどうぞ。

nenga23460.gif
posted by Kz at 23:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | コレ欲しい!!
2004年11月24日

プロジェクター

プロジェクター

いつかプロジェクターが欲しいなぁ、と思い始めてもう何年も経ちますが、ホントにいい時代になりましたね。昔は(といっても4・5年前ですが)プロジェクターを買おうと思うと最低50万円位は出さないと無かったような気がします。それが今や安い物なら10万円を切る位、1280x720のパネルの物でも15万円位で買えるようになりました。技術の発展と競争の原理に感謝です。各社から新型モデルの発表があった事もあり、買うなら今かな?と色々機種を検討した結果、SANYOのLP-Z2を購入しました。本当はDLP機が欲しかったのですが、予算の関係と1280x720パネルの物が欲しかったこともあり、最終的に液晶パネルのPANASONIC TA-AE500か、SANYOのLP-Z2で迷いました。迷いすぎて、買おうと思っていたお店のTA-AE500の在庫がなくなってしまい、やむなくLP-Z2に決めたという感じです。でもZ2が映し出す映像には大満足です。(現在自作HTPCからDVI入力で使用中)レンズシフトも使ってみれば非常に便利で、我が家の設置条件には必須の機能でした。購入前から気になっていた発色(専門誌やHP等での他社製品との比較するとやや緑がかっていることを指摘されていた)もまったく気にならず、満足度は100点満点です。
posted by Kz at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 現在の視聴環境
2004年11月23日

スクリーンもどき・・・

スクリーン設置

プロジェクター設置に当たって必要となるのがスクリーンです。
最初はキクチとかOSとか考えていたんですが、お値段もそこそこしますし、やっぱり一から揃えていくことを考えると、限りあるわずかな資金の中であれ買って、これ買ってと考えないといけない。優先順位から考えると、やっぱりスクリーンは次の機会に、というところに収まり、代用できるものを探した結果この『ニトリ 遮光ロールスクリーン アイボリー』に行き着きました。値段はもちろん4,990円とお手ごろな上、生地の色味もアイボリーというよりはホワイト、しかも遮光のため裏面がシルバーとなっていて表面のホワイトの発色が抑えられているような感じです。言葉での表現が難しいですが、ちょっとグレーぽい感じです。サイズは幅176p、スクリーンを引っ張れば180pまで出てきますので、適当なところで止めて16:9を投射できるようにして使っています。丁度スピーカーとスピーカーの間に収まるピッタリのサイズで、これはスクリーンの代用品じゃなくてもいいかもしれないと最近は思い始めています。サイズ的なところは良く分からないのですが、約90インチくらいではないでしょうか。これからホームシアター始められる方で、あまりこだわりの無い方、費用を抑えたい方には十分に使える逸品とオススメします。
posted by Kz at 01:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 現在の視聴環境
2004年11月22日

『CASSHERN』見ました。


icon
icon

いろんな意味ですごい映画でした。
映像、世界観、テーマ全てが、紀里谷和明ワールドといった感じでした。アニメのキャシャーンとは少し赴きが違い、大人が見るべき作品だと思います。映像はアニメの表現がうまく再現されていて、CASSHERNの世界に入り込める不思議な感覚の映像でした。
それにしても、この映画が訴えるテーマは重い・・・というか難しかった。主人公はキャシャーンだけではないんですね。対立するブライ率いる新造人間軍団からの目線でもストーリーが書かれていて、反乱を起こす気持ちが理解できるんです。最終的に全てが明らかになったとき、何か空しい感じになってしまいました。結局誰が悪いの?って感じで、見終わったとすっきりしないモヤモヤしたものが残りました。これは映画のできのことではなく、そういうメッセージが込められた作品だからこそだと思います。
まだ見てない方は、是非一度見て下さい。色々なメッセージが投げかけられた作品だと思います。それにしても、それをキャシャーンで再現したこの監督はすごい人なのかもしれません。
2004年11月21日

『パイレーツオブカリビアン』見ました。


icon
icon

やられました。実はあまり期待せずになんとなく見たんですが、めちゃめちゃ面白かったです。とりあえずジョニーデップ、シブすぎです!
でもジョニーデップってこんなキャラクターも演じるんですね〜。これまでの「シザーハンズicon」・「スリーピー・ホロウicon」・「ナインスゲートicon」なんかのクールでちょっと暗い感じのイメージが定着していたので、今回の頼りないコミカルなキャラクターは妙にインパクトが強く、ストーリーよりも記憶に残ってしまいました。とりあえず、ジョニーデップ扮するジャック・スパロウ船長の細かい仕草や表情には注目です。
ストーリーは分かりやすく、見終わったあとにスカッと気分爽快っていう感じでした。敵海賊との戦闘シーンのCG処理がすごかったです。さすがディズニー映画ですね。恐すぎない描画に仕上がっています。
続編があるみたいなので、次回作にも期待したいです。
2004年11月19日

HTPCと書いてはいますが・・・

PC

HTPCとは、Home Theater Personal Computerの略です。本来HTPCというものは、きちんとノイズ対策をして、低クロックで駆動するCPUを使って、静音で、2Dに定評のあるグラフィックカードを使って等、ある程度のコストと手間をかけると、ウン十万円の専用プレーヤーよりもきれいな画質で再生できると言われています。が、しかし、うちのこれはパソコンからプロジェクターにDVDの映像を出力しているただそれだけのマシンです。爆音、高ノイズ、NVIDIA GeForce4という真剣にHTPCに取り組んでおられる皆さんに呆れられること間違い無しの内容ですが、一応HTPCと呼んでおきます。
主要装備は
● M/B:    ASUS A7N8X DX
● CPU:    AMD AthlonXP 2000+
● グラフィックカード:ASUS V9280S(GeForce4 Ti4200)
● サウンドカード: 玄人志向 ENVY24HTS-PCI(Prodigy化)
● DVD-ROM:  東芝SD-M1712(リミッターカット)
● HDD:    日立IBM HDS722516VLAT80(160GB)
● OS:     Windows XP Home Edition SP2
● DVDプレイヤー: WinDVD 4
こんなかんじです。
とりあえず電源がかなりうるさいので早く交換したいです。その他のパーツは他と見比べたことも無いので、今は満足してます。HTPCはまだ始めたばかりで、画質よりも大画面がうれしいので、細かなことは気になっていないのが現状です。個々のパーツについてのインプレッションは追々書いていきたいと思います。
posted by Kz at 02:39 | Comment(0) | TrackBack(1) | HTPC
2004年11月18日

オススメなお店のリンク集。



私の現在使っているパソコンはココのインターネットショップで購入しました。パーツが多く、値段も安いのでオススメです。



AV機器ショップへのリンク


家電のジョーシンですが、ココのハイエンドオーディオのページはかなり充実しています。

posted by Kz at 02:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | リンク集
2004年11月17日

YAMAHAからワンボディでリアル5.1サラウンドを実現するサラウンド・サウンド・システムが登場。

YAMAHAよりワンボディで本格的なリアル5.1サラウンドを楽しむことができる、「ヤマハ・デジタル・サウンド・プロジェクター『YSP-1』」という新機種が発表されました。
最近、こういうワンボディで5.1サラウンドが実現できるものも、すごく気になります。NIROなんかも実際の話、資金に余裕があれば他の部屋用に欲しいと思っています。7.1チャンネル分スピーカーを揃えて、それに囲まれた部屋っていうのも、ちょっとこだわっています的な雰囲気が出ていいのですが、部屋前方にさりげなく置かれた1つのスピーカーから自分の後ろまで回りこむようなサラウンド・サウンドがさらっと再生されたら、それはそれでスマートでかっこいいと思います。
ただ、このシステムの説明文を読んでいると、「小型スピーカー40個、ウーファー2個をワンボディに一体化」とあるんですが、本当にこんなにたくさんスピーカーが付いているのでしょうか?ちょっとやりすぎでは、と思いつつ、一度音を聞いてみたいと衝動にかられてしまいました。
posted by Kz at 00:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | A&V新機種情報
2004年11月13日

AVアンプ買い換えました。

AVアンプ

これまでソニーのTA-V777ESを使っていたのですが、年々各社から新機種が発表され、しかも出てくるものが当時の購入価格よりも安く、最近の新規格フォーマットへ対応したもの(つまり高性能)ばかりで、買い換えるのが何か悔しくて気がつけば8年間ほど経っていました。それくらい古さを感じさせないいい機種だったのですが、ついに新しいものへの魅力に負け買い替えを決めました。マランツのPS7400と悩んだのですが、どうしても自動音場補正機能を使ってみたかったので、デノンのAVC-3890-Niconにしました。
使ってみた感想は・・・大満足です。自動音場補正機能はやっぱり便利でした。音を追い込んで仕上げる技量もなく、何よりめんどくさがりの自分には必須の機能です。ただ、説明書にも書いてありましたが、セッティング時にスピーカーから出る音がホントに大きくて、お隣さんにかなり気を使いました。変わった形状のリモコンも最初は使い慣れず困りましたが、今では色んな機器の信号を記憶させ、マルチリモコンとして活躍しています。ただ音場プログラムの切り替えなどは、前のソニーのものにに比べやり辛いような気がします。まぁこれも慣れの問題だと思います。
またこれも5年、10年と使い込んで行きたいと思います。その間にもまた色んな魅力的な機種が出てくるとは思いますが・・・
posted by Kz at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(1) | 現在の視聴環境
2004年11月11日

スピーカー買い換えました。その3

サブウーファー

サブウーファーはaudio proのB2.27にしました。IMAGEシリーズは低音が若干弱いのであわせて使うのがいいと思います。これまで使っていたYAMAHAのSW80から比べ、低音がしまりました。サブウーファーでスピーカーの低音を補うために併用すると、音に厚みは出るけど、何かぼやけてしまうというのがこれまでの感覚でした。これにしてからは、音に厚みが出て、さらに低音はしまりキレがあるいい感じに改善できました。あと、最近のウーファーらしく、電源オンで青色LEDが輝くところが気に入ってます。
posted by Kz at 04:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 現在の視聴環境

スピーカー買い換えました。その2

センタースピーカー

センタースピーカーはメインと同じくaudio proにしました。こちらはブックシェルフ型のIMAGE11です。写真は後ろ側を写したものなのですが、実はコレIMAGE11/KAIという商品です。大阪の逸品館というところが独自にチューンアップして販売されています。音質はというと、高音域の透明感と、音の広がりが抜群にいいです。ボーカル物のCDを再生するとこれまでとの音の質の違いにうれしくなってきます。また、同じスピーカーで統一することにより、DVDを見ているときの音の移動に違和感が無くなり、より自然で臨場感が増しました。
posted by Kz at 04:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 現在の視聴環境

スピーカー買い換えました。その1

メインスピーカー

これまで使っていたDENONのメインスピーカー(確かS400という名前だった)からaudio proのIMAGE40に買い換えました。これまでメイン・センター・リヤすべてバラバラのスピーカーだったのですが、他のスピーカーもIMAGEシリーズで統一しました。このスピーカーってあまり使っている人は少ないかもしれませんが、めちゃめちゃオススメです。価格が安い割りに見た目の質感も高く、高音域の音質がクリアで非常にいい音を鳴らしてくれます。いい買い物しました。
posted by Kz at 03:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 現在の視聴環境
2004年11月07日

マランツから自動音場補正機能を搭載する7.1ch AVアンプ2モデルが発売

PS8500 Photo

日本マランツより、ミドルクラスのAVサラウンドアンプ「PS8500」と
「PS7500」の2モデ ルが11月末より順次発売されるとのこと。現在のデノンのアンプに買い換える際、自動音場補正機能が無いマランツの
「PS7400」を諦めた過去があるため、今回の新製品はちょっと悔しい・・・音楽の再生能力に定評のあるマランツの新機種、
非常に気になります。

posted by Kz at 01:15 | 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | A&V新機種情報
2004年11月05日

現在の部屋の様子

現在の部屋の様子

テレビの左側に立っている銀色の物体はニトリの遮光ロールスクリーン(アイボリー)です。プロジェクター購入の際、とりあえず予算をおさえるため、何かいい方法がないかとネットで検索していた時、案外多くの人がスクリーンの代用として使用されていることを発見。近所にお店もあったので早速購入しました。約5,000円。初めてのスクリーンなので、何の不満も無しです。
posted by Kz at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 現在の視聴環境

ブログ始めました。

はじめまして。当ブログ執筆主のKzと申します。
このブログでは、自宅のホームシアターの様子と、映画(といっても最近あまり見に行けてないのですが)やDVDの感想などをぼちぼちと書いていこうかなと考えています。
皆さんからのおすすめ情報なども教えていただけるとうれしいです。おヒマな方はゆっくり見ていってくださいませ。
posted by Kz at 00:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | はじめに

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。